So-net無料ブログ作成
検索選択
子どもの勉強意欲について ブログトップ

どうすれば勉強するようになる? [子どもの勉強意欲について]

勉強しなさい!」
といくら言っても全然言うことを聞いてくれない…

こういう声は案外多いです。


この記事では教育心理学を使って、
子どもがどうすれば勉強するようになるのかをお伝えします。
少し教育心理学の用語も出てきますが、できるだけわかりやすくお伝えしますので、
ご辛抱していただけると助かります。

まず、これから話すことを理解するために、2つの用語を紹介します。

外発的要因・・・他者や環境が賞罰を与えることにより、行動を促すこと。
内発的要因・・・人間が本来持っている興味や関心に従い、行動すること。

これらの用語の説明を見て、どういうことかなんとなくお分かりになるかと思います。
例えば外発的要因は、「1時間勉強したら30分ゲームをしていいよ!」といった感じのもので、
アメとムチを使い分けてやる気を出させるものです。
内発的要因は、「本を読むのが好きだから、現代文も解いていて楽しい!」といった感じのもので、
知的好奇心からやる気が起きているものです。

では、外発的要因と内発的要因では、どちらの方が良いと思いますか?
どちらの方が良い成績を収めると思いますか?


…結果はもちろん、内発的要因です。
外発的要因は、先の「1時間勉強したら30分ゲームをしていいよ!」という例でいうならば、
30分ゲームをするための“手段”として勉強しているにすぎません。
勉強の内容にはそこまで関心がないため、
理解のために工夫をすることもありません(内容分離的動機と言います)。

一方内発的要因は、勉強は“手段”ではなく“目的”になっています。
外発的要因による勉強よりも、理解を追求し楽しんでいます。
外発的要因に比べて勉強時間が多いであろうことに加えて、
理解のための工夫を凝らす傾向にあります(内容関与的動機と言います)。


よく親が子どもに向かって、
「勉強しなさい!」
というのは外発的要因なのです。
この言い方だと、勉強という“手段”ばかりで、
それで得ることができる“目的”がないから子どもは勉強をしないのです。
先の例では、30分間ゲームをするという“目的”がありました。
ムチばかりで、アメがないのですね。

内発的動機で、子どもが自ら進んで勉強してくれれば、
親としてこれほど有難いことはないでしょう。
しかしいまのところ、いきなり内発的動機を起こす方法は見いだせていません。


では、どうすれば良いかというと、
外発的動機から内発的動機へ移行させれば良いのです。

内発的動機付けの理論家デシは、外発的動機から内発的動機への移行を、
以下の4つの段階にわけて説明しています。

① 本当はやりたくないけれども、いやいややっている状態
② 本当はやりたくないけれども、やらないと格好悪い、やらないとまずいと察知する状態
③ 本当はやりたくないけれども、やっておくことは自分に必要であると認識する状態
④ やること自体がとても楽しい状態

また、教育心理学者の市川伸一さんは学習動機の二要因モデルを構築しています。
それによると、学習の動機は6つに分類できると言います。
① ~③は内容には関心を抱かない(内容分離的動機)で、
④ ~⑥は内容にも関心を抱く動機(内容関与的動機)です。

報酬志向・・・報酬を得る手段として
② 自尊志向・・・プライドや競争心から
③ 関係志向・・・空気や他者につられて
実用志向・・・仕事や生活に活かすため
⑤ 訓練志向・・・知力を鍛えるため
⑥ 充実志向・・・学習自体が楽しいため

デシの理論であれば①から④へ、
市川伸一さんの理論であれば①~③から④~⑥へと、
移行させていけば良いのです。

もちろん、例外や注意しなければいけないこともあります。
例えば市川伸一さんの理論の例外は、使命感がとても強い人です。
「私はどーっしても医者にならなければいけないんだ!」
「僕が総理大臣になるのは天命なんだ!」
という感じで、使命感たっぷりの子どももいるのではないかと思います。
実用志向に近くはなりますが、そういう子どもは自ら勉強すると思いますので、ここでは扱わないことにします。

注意しなければいけないことは、内発的動機で勉強している人に、
むやみに報酬(アメ)を与えてはいけないということです。
面白がってやっていた活動(勉強)が、何かの報酬をもらうための手段だとみなされてしまうと、
もともとあった内発的動機が薄くなってしまうのです(減退効果といいます)。
例えば、もともとは仕事が好きでやっていたのに、年収3000万円もの報酬をもらっていたところ、
気づけば報酬目当てで仕事をするようになってしまうのです。

では、具体的にはどのように外発的動機から内発的動機へもっていけば良いでしょうか。
時間をかければ簡単なことで、親ができることとしては、
いい環境を作ってあげること
良いアドバイスをすること
があります。

次の記事でこれらを紹介しますね!


今回出てきた市川伸一さんの理論について詳しく知りたい方は、
こちらの書籍がおすすめです。

子どもが勉強するようになる環境つくり [子どもの勉強意欲について]

前回の記事では、どのように子ども勉強させるかを考えるための理論を紹介しました。
デシ、市川伸一さんの理論はぜひ頭の隅でも良いので覚えておいてください!


今回は、子どもが勉強するようになる良い環境つくりについてお伝えしようと思います。

みなさんは、“子どもが勉強しやすい環境つくり”と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?
学校や塾の送り迎え
夜食の用意
騒音を出さないようにテレビの音量を下げること
などを思いつくかもしれませんね。

もちろん、こうした環境つくりも必要です。
しかし、こうした環境があるからといって、子どもは必ずしも勉強をしませんよね。


もし私が勉強をしない子どもを持っていたら、まずは
家庭の雰囲気をよくします
笑顔や挨拶を心がけて、居心地が良い家庭を作ります

え?
と思われた方が多いのではないでしょうか。
それで本当に勉強をするようになるの?
と疑問に思われている方は、まずはやってみて下さい。
正確に言えば、これは勉強をするようになるための下地をつくってください。
家庭の雰囲気が悪く、子どもが親に相談もできないような環境であれば、
子どもは反骨精神をもってあえて勉強をしていない場合が多いのです。
「勉強をしなくちゃいけないのはわかっているけれども…」
という状態の子どもですね。
もちろん、もともと家庭環境は万全であると自負している方は、そのまま続けて下さい。

ですが、子どもが反抗期(思春期)になってから、
そのまま子どもと仲が悪いという親は案外多いように思います。
そうして家庭環境が悪くなると、やがて子どもが不登校になってしまったり、問題を起こしてしまいます。
受験をきっかけに、ぜひ良い親子関係の復活に努めてください。

そもそも、子どもがなぜ反抗期に入るのかというと、 親が子どもの自立を妨げてしまっているからです。
以前、子どもは「天から授かる」ものでしたが、
現代では子どもは「つくる」ものです。
こうした言葉の変化にも表れている通り、
子どもは親の、言い方は悪いですが“支配下”に置かれてしまっているのです。
日本では、親が良かれと思った道を子どもに歩ませてしまう傾向があります。
子どもも、親のいうことを素直に聞くことがよしとされ、口答えはもってのほかと育てられることが多いです。
日本では、「できるだけのことをしてやる」のがよい教育だと思われているのです。
しかし、反抗期は小学生高学年あたりから始まりますが、
この時期になると子どもも自律について意識しだします。
自律を意識している子どもに対して、
親の意見を押し付けてしまうことは、子どもの人格を認めていないのと同じです。
子どもを“大人として扱う”ことを心がけてください。

さらに、大学受験においては精神的に大人な受験生が有利です。
それは何故かというと、受験勉強が
内発的要因(人間が本来持っている興味や関心に従い、行動すること)
に根を張るものとなるからです。
外発的要因(他者や環境が賞罰を与えることにより、行動を促すこと)
よりも内発的要因のほうが、成績が伸びるという話は前回の記事の通りです。
親から「勉強しなさい!」と言われてやる勉強よりも、
自分で選んだ進路のために勉強するとなれば、勉強に力が入るでしょう。
達成感を得たいがために、勉強をする子どももいるでしょう(教育心理学では達成動機といいます)。
また、子どもにとって大学受験は自己責任となります。
市川伸一さんの理論でいうと“自尊志向”に近いものです。
責任を負わなければいけないことに対しては、自ずと力が入るものです。

ですので、子どもの相談に乗ってアドバイスをするときは、
「子どもにアドバイスする際の心構え」でお伝えしたとおり、経済的なお話以外では、
極力親の希望を押し付けないように気を付けてください。
多くの子どもは、親のために生きているのではありません。
親がよかれと思う道を子どもに歩んでほしいと思うのは、
親として当たり前のことと思いますが、どうぞ不干渉を心がけてください

もちろん、普段はあまり挨拶をしないし、笑顔でもないのに、
いきなり挨拶をしだしたりすると、最初は子どもも変に思うかもしれません。
子どもも、こうした急な変化にはじめは反応してくれないでしょう。
しかし、「継続は力なり」とはよく言ったもので、子どもも挨拶は良いことだと内心わかっていることですので、
じきによい変化の兆しが見えてきます。
親から妥協したと気づいてもらえます。
子どもの言動に目が余るところもあると思いますが、
はじめのうちは親の側から妥協の姿勢を見せていくようにしてください。
そして子どもにとって、家庭が精神的に落ち着ける場であるように努力してください


次回の記事では、どのようにすれば子どもが継続的に勉強をするようになるのかをお伝えします。


ちなみに、この記事の内容をもっと詳しく学びたい方は、こちらの書籍がおすすめです。
私もこちらの書籍も参考にしています。


子どもが勉強するようになる環境つくりとアドバイス [子どもの勉強意欲について]

「勉強をしなさい!」
と言っても子どもが勉強をしないのであれば、どうすれば良いのか。

今回は、子どもが”継続的”に勉強するようになる方法をお伝えします。


先に、ひとつ答えを言ってしまいますね。
家庭内で、勉強にさせるような雰囲気をつくるのです!
これも家庭内の環境つくりの一つです。

小学校のときから、勉強する子どもとしない子どもが居たと思います。
その差はどこで生まれているかというと、この家庭の雰囲気(環境)なのです。


心理学や社会学で使われる用語に、ヒドゥン・カリキュラムという言葉があります。
日本語にすると、隠されたカリキュラムという意味です。

どういうことか説明しますね。
学校では学習指導要領に則った正式のカリキュラムがあります。
しかしそれの他にも、どういうことが推奨されるのかという、無意図的な“空気”があると思います。
その“空気”がヒドゥン・カリキュラムなのです。

例えば、「わからないことがあれば手を挙げて質問してください。」という先生は多いですよね。
しかし、実際に手を挙げてわからないことを質問し続けるのは、授業の進行を妨げるので良くないという暗黙の了解があります。

家庭での雰囲気も、このヒドゥン・カリキュラムと同じことが起きているのです。
子どもは親の行動を見て育ちます
その親が、新聞を読まないで、テレビのスポーツやバラエティー番組だけを見ていると、子どももそうするのが良いことだと思ってしまいます。

実際に、母親の学歴と子どもの勉強意欲、学歴は関係している(正の相関を持っている)というデータもあります。
母親が中卒の子どもと、母親が大卒の子どもを比べると、
後者よりも前者の子供の方が、成績が悪い傾向があるそうです。
親の姿勢が問われているのです。

ですので、お子さんが勉強をするよりも前に、まずは親から勉強を始めてみて下さい。
本を読む、新聞を読む、テレビでニュースや教養番組を見る、なんでも良いです。
このサイトではおすすめの勉強の方法などを配信していますので、
その内容を子どもにアドバイスしてあげたりすると、
親も勉強しているというアピールになって良いかもしれませんね。


また、もう一つ子どもを勉強に仕向ける方法があります。
それは、子どもの良いところを見つけて褒めることです。
いつも同じことを褒めていてはつまらないので、
細かい良いところを見つけていって、一つ一つ褒めていって下さい。

改めて子どもとの接し方を振り返ってみると、あまり子どもを褒めていなかったという親は案外多いです。
子どもがおつかいから帰ってきたとき、どんな言葉をかけていましたか?
親は子供の世話をしているのだから、子どもがおつかいをするのは当たり前だと思っていませんでしたか?
子どもがそれなりに良い成績の通信簿を見せてくれたとき、子どもにどういう言葉をかけていましたか?
「頑張ったね。次はもっと頑張るんだよ!」
なんて、子どもを褒めてはいるけれども、それよりもプレッシャーを与えるような言い方をしていませんでしたか?

日本の子どもは自尊感情が低い(自分に自信を持っていない)というデータがあります。
日本の親は、子どもを褒めないことが原因の一つです。
自尊感情が低い、ネガティブ思考だと受験に差し障ります。
合格という目標に向かって、ポジティブにものを考えられるほうが、精神的に楽でいられるはずです。

そして、勉強面で親に褒められると、子どもは勉強に目を向けるようになります
男性ならばよくトイレで目にする、
「いつも綺麗に使っていただきありがとうございます!」
という皮肉が効いた言葉と同じです(行動心理学では社会的証明といいます)。
この言葉を使うと、他の言葉に比べて便器の汚れが少なくなるそうです。
子どもも、「毎日勉強を頑張って偉いね!」
と褒められると、その言葉があまりに見当違いなものでなければ、褒められた言葉の通り頑張ろうとするものです。

また、“叱って伸びるタイプ”と“褒めて伸びるタイプ”がいるという話がよくあります。
もちろん、“叱って伸びるタイプ”もたくさんいるとは思います。
しかし、叱られているばっかりでいると、子どもは何のために頑張っているのかがわからなくなってしまいます。
子どもは親から叱られないために頑張れば良いのでしょうか?
子どもは、親のためだけに頑張って勉強をしたいと思うほど純粋ではありません。
少しは褒めることが必要なのです。
人は評価されたいという気持ちがあります。
子どもは褒められることで、評価されたと感じたり、達成感を感じます。
自分に自信を持つことができるのです。


最後に、多くの親が子どもを勉強させるために考えがちなことで、間違っていることがありますので書いておきますね。
それは、大学受験をするからといって子どもを受験塾に行かせることです。

周りのサポートさえあれば、大学受験に塾は必要ありません
私立大学志望で文系は特にそうです。
最近は大学受験の書籍が充実しているので、
適切な時期に適切な参考書を使えば、受験塾に遜色ない成果があげられます。
私がおすすめする参考書は、他の記事に記載してあります。
あえて塾に行く必要があるといえば、
AO推薦対策、記述問題の添削、メンタル面の維持ぐらいでしょうか。
ですので家族などの周りのサポートがあって、一般受験で、記述問題がない私立文系受験で、
常に勉強ができるメンタルが維持できる場合は、塾は必要ありません。

受験塾は、合格のために必ず行かなければいけないところではなくなったのです。
ですので、親が率先して受験塾への入塾を検討するようなことはあまりよろしくありません。
むしろ、子どもに「塾に通わせてほしい!」と言わせることが重要です。
子どもは、塾に“通わせてもらっている”という意識を持ちますし、
より自立した存在として自覚すると思います。


これらについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの書籍がおすすめです。
私もこれらの書籍を参考にしています。



子どもの勉強意欲について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。