So-net無料ブログ作成
検索選択
生活習慣の工夫 ブログトップ

睡眠を工夫する [生活習慣の工夫]

勉強する際、睡眠を気にしていますか?

多くの受験生は、”いかに睡眠時間を削って勉強をするか”と毎日工夫を凝らしています。
私の周りの受験生でも、
「3時間睡眠を目指す!」とか、
「今日は気づいたら机で寝ていた...」なんて言う人がいました。


しかし実は、勉強をした後は睡眠を取るのが一番効率的です。
人は寝ている間に、記憶を整理整頓して知識が定着するようになります。
脳科学では、「レミニセンス」と言われています。

たしかに、勉強すればその分知識が増えるので、記憶直後のテストでは良い点数が取れます。
しかし、睡眠時間を削って覚えた記憶は薄れやすいのです。
大学受験の勉強は、少なくとも半年以上はかかる長期なものになります。
勉強した内容を頭に定着させたいのであれば、その分睡眠を十分にとる必要があります

さらに睡眠には、蓄えた知識を整理整頓して、より使える知識にする役割があります。
ですので、十分な睡眠をとった後には、”ひらめき”が起きやすいと実証されています。
睡眠も勉強のうちなのです!



では、具体的にどのように睡眠を工夫すれば良いのかを紹介します。

まず、睡眠時間は90分周期で取るようにしましょう。
4時間半、6時間、7時間半、9時間....と睡眠時間を区切ると良いです。
どうしてかというと、人は睡眠中、90分ごとにレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているからです。
レム睡眠とノンレム睡眠の1セットが終わった後は、目覚めがとても良く、一日が快適に過ごせます。
レム睡眠は深い睡眠のことで、この時に夢を見て記憶を整理整頓しています。
ですので勉強をする際は、レム睡眠をいかに多くとれるかが重要になってきます。
7時間半を過ぎるとレム睡眠の時間はだいぶ少なくなってきて、ノンレム睡眠が増えてきます。
また、人の睡眠時間は6時間までは削っても身心に異常をきたさないと言われています。
ですので、私は6時間か7時間半の睡眠がおすすめです。
ちなみに、ノンレム睡眠はストレスを減退させる効果があります。
勉強のストレスがたまっている場合は、7時間半、もしくは9時間寝るようにすると良いかもしれません。


次に、暗記の勉強は夜に、思考力が問われる勉強は朝やるようにしましょう。
長期間記憶する必要があるものは就寝前に勉強し、
十分な睡眠をとって記憶を定着させましょう。
朝の勉強は、国語や数学などの思考力が問われる科目にして、
時間が余れば、就寝前に勉強した内容の復習をするようにしましょう。


さらに、起床の際は日光を浴びると良い目覚めが迎えられます。
私が受験生だったある一時、朝6時に就寝して午後1時半に起床する生活を繰り返していました。
高校3年生の冬休みのことです。
ですが、この生活を始めてから約2週間ほどで、慢性的な頭痛と肩こりに悩まされるようになりました。
病院に行ったところ、自律神経失調症とのことでした。泣
その後、夜10時に就寝して朝5時半に起きる生活に修正したところ、
頭痛はなくなり、肩こりも和らぐようになりました。
人は元来夜行生物ではありませんので、朝日を浴びれば体が活性化するようにできています。
夜寝る際は、窓のカーテンを開けて寝たりすると良いかもしれません。


最後に、勉強中に睡魔が襲ってきたら、15分~30分仮眠をとるようにしてください。
30分以内の仮眠であれば、夜の睡眠に支障はきたしません。
眠い中勉強しても成果は上がりませんし、
仮眠は睡眠と同じ効果があるので、記憶が整理整頓されます。
仮眠をして眠気がなくなれば、勉強もはかどりますしね!

ちなみに、意識はあっても頭を働かせずぼーっとしていれば、
頭の中では睡眠時と同じように、記憶の整理整頓が始まるそうです。
仮眠はそういった意味でも効果がありますし、
夜になかなか眠れないときも、頑張って睡眠をとる必要はありませんので安心してください。



睡眠について詳しく知りたい方は、こちらがおすすめです!


タグ:勉強と睡眠

食事を工夫する [生活習慣の工夫]

勉強には、食事の工夫も必要です。


え?...
と思われる方が多いかもしれません。
受験生の中で、食事まで気を使っている人は稀です。
しかし食事を工夫すれば、より勉強に集中できるようになります。

それは何故かというと、
食後は、体が消化にエネルギーを使ってしまうためです。
食後1時間は消化器官に血液が集中してしまうため、脳に回る血液が少なくなります。
だから、食後は睡魔が襲ってくるのです。



ではどうすれば良いかというと、
まずは一度に多くの量を食べ過ぎないでください。
一度に多くの量を食べてしまうと、その分消化に負担がかかってしまい、
完全に集中できなくなってしまいます。


次に、食前に勉強をして、食後は休憩するようにしてください。
前述のとおり、食後は集中力が低下します。
あまりに空腹がつらいのであれば別ですが、
そうでもないのであれば、集中力が保てる空腹前の勉強が一番効率的です。
そして、食後は休憩をするようにしてください。
夕食であれば、その後にお風呂に入ったりするのが良いかもしれません。


さらに、消化に優しいものを食べるようにしてください。
具体的には、野菜や果実を中心に食べるようにしてください。
ブドウ糖を取るためにごはんなどの炭水化物を取る必要もありますが、
古市幸雄著の「『1日30分』を続けなさい!―人生勝利の勉強法55」によると、
炭水化物とお肉はセットになると極端に消化が悪くなってしまうそうです。


最後に、就寝前の2時間は胃に何も入れないでください。
就寝中は消化機能が低下するため、
就寝中に胃の中に残っていた食べ物は、そのまま中性脂肪に変わってしまいます。
太りたくなければ、気を付けてくださいね!
タグ:勉強と食事

勉強時間をねん出する! [生活習慣の工夫]

勉強は量より質だ!」
とよく言われます。

はっきり言わせてもらいますと、それは嘘です
何故かを説明しますね。


勉強の質は、どんなに向上できても1,5倍だろうと私は考えています。
よほどの天才じゃない限り、勉強の質を2倍にすることなんて不可能でしょう。
勉強の質を向上するための知識は本ブログで紹介しているので、参考にしてみて下さい。


しかし、勉強の時間(量)はすぐに2倍にでも3倍にでもできますよね?


勉強の成果は、勉強の量と質で決まってきます。
いくら勉強の質を良くしようと頑張っても、たかが1,5倍にするための努力なのです。
一方勉強の量であれば、やる気次第で3時間→9時間への3倍にすることができます。
つまり、勉強の時間をいかにねん出するのかが、合格へ大きく影響してくるのです!



ですので、本記事では時間をねん出する工夫を2つ紹介します。

まず、通学時間を勉強時間にしましょう
バスや電車の中で、ぼーっと過ごしている人はたくさん居ますよね。
そのぼーっとしている時間を、英単語の暗記や英語リスニングの時間にしてしまえば良いのです。
電車やバスは一見落ち着かなさそうですが、
やってみると案外集中できますので、おすすめです。


次に、テレビパソコン携帯を見ないようにしましょう
橋本良明さん著の「メディアと日本人」(岩波書店、2011年)によると、
10代の若者は一日に約2時間もテレビをみているそうです。
パソコンによるインターネット利用は一日約15分、
携帯によるインターネット利用は、一日約65分だそうです。
もちろん、こうしたメディアの利用は最低限許容するべきでしょうが、
無駄な時間を削ることで、勉強時間を作ることができます。


勉強の成果には、勉強時間が一番関わってきます。
勉強の質は、勉強時間を確保した後に考えることではないかと思います。
生活習慣の工夫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。